トップページ > アンドロイドってなに?

アンドロイドってなに?

スマートフォン、そしてタブレット端末においてもよく耳にする「アンドロイド」ですが、「Android」と書きます。端的にそれを説明すると、「タッチ操作に最適化されたOS」です。それはGoogleが開発し、各メーカーに開放しているもので、アップルのiOSと二分する「タッチ操作」を前提としたOSです。アップルのiOSと大きく違う点は、さまざまなメーカーに提供されているということです。スマートフォンもガラケー同様多様化しつつありますが、その要因はこのAndroidが各社に開放されているからでもあります。純然たるOSであるため、ハードウェアとして差別化を図る予知があるのです。

また、このOSはタブレット端末においても幅広く用いられます。スマートフォンから通話機能を省き、画面を大きくしてCPUなどを強化したタブレット端末も、この「Android」を搭載することでOSは同様にしながらもハードウェアとしてさまざまな付加価値を持ち、「競争」することを可能としています。

Androidは現時点ではもっともiOSと強豪する唯一のOSです。iOSと同様にGoogleが提供する「ストア」からさまざまなアプリケーションを購入したりダウンロードすることができ、それによってソフト的な機能拡張はユーザーの思い通りに行うことができます。また、スマートでいうところの「機種変更」をしたとしても、アカウントは繰り越すことができますから、従来の使い方を次の端末でも踏襲することができるのです。

このOSの最大の特徴は、大手検索エンジンサービスを提供する「Google」が開発したということです。そのため、あたりまえですがGoogleとの親和性は高いです。そしてアップルとは違い各社にOSの使用を認めているので、多様な端末をつくることができます。それによって、おなじOSでもさまざまなユーザーの細分化したさまざまなニーズに応える端末を提供することができているのです。それはスマートフォン、タブレット端末両方で同じことがいえるでしょう。

基本的なインターフェイスはAndroidで共通であるものの、そのカスタマイズ性が高いのも特徴です。アプリケーションをインストールすることで、文字入力などの端末の操作事態も自分好みにカスタマイズすることができます。iOSではユーザーインターフェイスは考えぬかれて洗練された1パターンなのですが、Androidではその枠をユーザー自身で乗り越えることができます。

iOSとAndroid、どちらが優れているかということは一言ではいえません。さまざまなハードウェアを試したいというユーザーはAndroidが向いているでしょうし、洗練された1機種にこだわりたいという方にはiPhoneがオススメです。拡張性が高いのはAndroidですが、そのぶんハードウェアとの相性もさまざまで、端末によっては動作が不安定になってしまうこともあります。iOSとAndroidでは互換性がないので、どちらの端末を選ぶかによってそのモバイル環境が左右されるといってもいいでしょう。迷う方は、電話はAndroid、タブレット端末をiOSというふうに使い分ける、またはその逆という選択を検討してもいいかもしれません。両方使ってみる、ということですね。

進化するモバイル情報端末Topに戻る