トップページ > ガラケーはなくなる?

ガラケーはなくなる?

アップルの「iPhone」を皮切りに「スマートフォン」が爆発的に普及しています。スマートフォンはなにもiPhoneだけではなく、各携帯会社から様々なメーカーのスマートフォンが発表され、それこそ年に三回も新モデルが発表されています。現在のスマートフォンは、ほぼiPhoneか「Android端末」に大別されています。有名な「iPhone」はアップル社のみの製造となっています。搭載されたOSは「iOS」というもので、タッチでの端末操作前提のOSです。パソコンとの連携は無料の音楽再生ソフトである「iTunes」を通じて行われます。iTunesではアップルのストアから音楽やアプリ、映画などのコンテンツを購入できたり、それらをiOSの端末と連携させたりすることができます。

対して「Android端末」は、OSであるAndroidを搭載した端末です。AndroidのOSもiOSと同様でタッチでの操作を前提としています。Androidは大手検索エンジンサービスを提供する「Google」が開発したもので、Googleはソフトのみの提供で「ハード」、つまり端末は作っていないようです。そこで、各製作メーカーによる「Androidを搭載した」さまざまな端末の開発が可能となっています。

さまざまな色やカタチ、そしてハードに由来する機能で特色を持つスマートフォン群は、主にAndroid端末です。Androidには「Googleプレイ」というアプリケーションのマーケットがあり、さまざまなアプリケーションを購入し、端末にインストールすることができます。

さて、これらのスマートフォン「以前」の携帯端末を、現在では「ガラケー」といいます。いわゆる今までの携帯電話です。なぜガラケーというのかというと、日本市場向けに各社の仕様が細分化し、独自の進化を遂げたことを「ガラパゴス諸島」に例えたものです。ガラケー以外には「フィーチャーフォン」と呼んだりもします。

スマートフォンの普及した現在となっては各携帯キャリア、各メーカーともガラケーの開発、販売はないように見えます。

ですが、実はAndroid端末においてはこれまでのガラケーのような細分化がすでに始まっています。
AndroidのスマートフォンはOSこそ同じですが、その画面サイズ、ハードウェア的に備えられた付加機能などはガラケー同様にさまざまです。アップル社のiPhoneは、アップル社しかつくることができない端末ですからモデルの更新のみで細分化されないものの、Android端末は実にさまざまな種類のものがあり、四半期に一度のペースで新機種が誕生しているのです。

これでは各社ともにガラケーの開発をする余裕などありません。Androidの新しいスマートフォンを発売しないと、他社に遅れをとってしまうからです。そのような事情はガラケーのときとなんら変わりはありません。

ですから、いわゆる「ボタンのある」携帯電話を開発している余裕がないのです。そのような意味では、当面は画面をタッチするようなスマートフォンを使うしかないのではないでしょうか。画面では使いにくいというのは最初だけです。慣れればそれが「便利」だと感じるようになるものです。

進化するモバイル情報端末Topに戻る