トップページ > 賢く使ってオトクにモバイルライフ

賢く使ってオトクにモバイルライフ

モバイル端末を利用する際、決して逃げられないのが「通信」です。「Wi-Fi環境下でしか使わない」という人も、もしかするといるかもしれません。スマートフォンは電話やメールの他に「インターネット」や「アプリケーションの利用」もその役割として重要であるのですが、そのどちらも「通信」しないことには始まりません。通信しなければ、スマートフォンをはじめとするモバイル端末のポテンシャルを発揮できているとはいえないのです。ですが、ご存知の通り、「通信」には費用がかかります。「情報」を得るための通信ですが、その情報量によって、各通信会社へ接続料を払わなければいけないのです。

それは定額制であれば4000円から5000円程度の金額ですが、使用し続ける限り「毎月」発生するものです。そして怖いのは「定額制」にしなければそれは使用すればする分だけ、費用がかさんでいくということです。

スマートフォンが普及し始めたばかりの頃ですが、「携帯電話なんかあまり使わない」という方が料金プランを買えないままスマートフォンにし、モバイル端末でのインターネットの快適さに開眼した、ということが続出しました。それまでは携帯電話でインターネットなどはあまりしていなかったので、料金もそれなりでしかありません。ですが、スマートフォンにした途端、インターネットにアクセスする回数は増え、さらにはアプリまでふんだんに利用したところ、その利用料金は一気に跳ね上がり、10万円単位の支払いになってしまったそうです。払えればいいのですが、それが払えず、高額滞納者に陥ってしまった人が沢山発生しました。

「スマートフォンは携帯電話とはちがう」ということを裏付けるような逸話ですが、それを自身に置き換えると恐ろしさを感じます。「定額制」にしておけば4〜5000円だったものが、一気に10万円レベルに膨れてしまうということです。

これからスマートフォンに変更するのであれば、まず間違いなく通信量は「定額制」のプランに
することをオススメします。何気ないアプリ、何気ない動画の視聴でも、大きく「パケット」を食っているのです。そして、どうしても「定額制」が嫌だという人は、外出先では「Wi-Fi」以外では通信をしないことをオススメします。

ですが、「Wi-Fi」だけでスマートフォンの通信を賄うとなると、結構大変なものです。スマートフォンの機能自体もそうですが、ダウンロードしたアプリなどが自動で通信をしているからです。そうなると自身は何もしていないのに、通信料だけかさんでしまうということになります。これを回避するためには、端末自体を「フライトモード」といわれる「通信しないモード」にしておく必要があります。そして、Wi-Fiで通信できる環境下に入った際に、それを解除するということです。

そうすると電話やメールも使えません。電話はWi-Fiとは関係ないのですが、フライトモード下では着信しません。そのように不便でもいいのであれば、またWi-Fi環境にいることが多いのであれば、あえて定額制にせず、極力携帯回線の通信を使わないという手段もあります。そうすることでつうしん 
費用は大幅に節約できるでしょう。ただ、その分の「労力」と見合うかどうかは、少し疑問が残るところです。

進化するモバイル情報端末Topに戻る