トップページ > 公共Wi-Fiのセキュリティ

公共Wi-Fiのセキュリティ

Wi-Fiに対応した端末を持って街へ繰り出してみると、結構な数のWi-Fi接続が飛び交っていることがわかるでしょう。それらの多くは接続するためにパスワードを求めるものがほとんどだと思います。そのようなネットワークはそのパスワードを知る人でしかアクセス出来なかったり、いわゆる「セキュリティ」が保障された、「安全な回線」です。インターネット上を飛び交う情報は、なにもホームページを閲覧したデータだけではありません。個人間のEメール、何かを購入する際のクレジットカード番号や住所などの個人情報まで多岐に渡ります。インターネット回線はそれらの情報を安全に通信しなければいけません。それらを保護するセキュリティが破られてしまうと、誰かに情報をインターセプト、つまり「横取り」されてしまうかもしれません。

街でさまざまなWi-Fi接続を拾ってみると、中にはパスワードが不要のフリーな接続が可能な回線があったりします。どこから発信されているWi-Fiなのかわかりません。ですがためしに接続してみると、本当にパスワード無しで接続が出来てしまうのです。そして、案外快適に接続できたりもします。そのようなWi-Fiを「フリーWi-Fi」と呼んだりします。これは欧米などでは数多く提供されているもののようです。誰でも接続が可能な、まさに「開かれたWi-Fiスポット」です。

そのようなWi-Fiスポットは、場合によってはとても便利ではあるのですが、だれが用意しているのかわかりません。インターネット接続はプロバイダーなどとの契約が必要なものです。さらには「有料」のものですから、それを無料で公開する、というのは何か理由があるはずなのです。
カフェやホテルなど、店舗や施設側が顧客の利便性を高めるために用意しているWi-Fiスポットは、理由も明確ですし設置者が明白ですから、何の違和感もなく使用することができます。ですが、そうではない場合、接続するのは少し不安が残ります。

その回線を用意している人の「意図」がわからないからです。もしかすると、接続したひとのインターネット接続をインターセプトしているのかもしれません。知らぬ間に、個人情報が盗まれてしまっているかもしれません。誰が用意しているのかわからない以上、そしてパスワードなしで誰でも接続できる以上は、そのような「リスク」を否定できないのです。その回線を通じてパソコンに侵入しようとしているかもしれません。端末側でファイヤーウォールの設定などを行っていれば、それは未然に防ぐことも可能なのですが、それでも安全な状態とはいえません。

パソコン内にある情報などは基本的にはそのパソコンに侵入しなければ盗めません。ですが、インターネット上を経由する情報は、場合によっては傍受されます。ですから、安全かどうかわからない回線で、インターネット上にカード情報をはじめとする個人情報を発信しないことが推奨されます。一度発信したものは制御がききません。それが誰かに傍受されても、取り返しはつかないのです。

フリーのWi-Fiスポットを使用する際はその点に注意して利用するようにしましょう。誰が何の目的で用意した回線かわからないのです。

進化するモバイル情報端末Topに戻る