トップページ > スマートフォンの底力

スマートフォンの底力

最近になって私たちの身の回りのアイテムで革新が起きました。それが「スマートフォン」の急速な普及です。スマートフォンは、携帯電話としての「電話」の機能を持ちながら携帯端末での操作を大前提とした新しい「OS」を装備した情報端末です。それらは新しく私たちの身の回りのものとして加わったわけではなく、従来の携帯電話との「入れ替え」という形で浸透しました。

「OS」とはオペレーティング・システムのことです。その端末の基本的なUI、つまり私たちが「操作する部分」を定義付けたり、プラットフォームとしてさまざまなアプリケーションを実行したりする、いわば端末の基本を成すものです。パソコンでいえば「Windows」などはそれに相当します。

これまでの携帯端末にもその端末に特化したOSが組み込まれていました。ですが、それはメーカーによってバラバラでした。また、端末が代替わりするまで大規模なアップデートなどは行われないのが常でした。ですが、昨今急速に浸透しているスマートフォンに搭載されているOSは、主なもので2種類しかありません。それはiPhoneに搭載されたiosと、その他のスマートフォン搭載されたAndroidです。それらのOSは実にさまざまなアプリケーションを実行することができます。そして、さまざまな開発者がそれらのOSむけのアプリケーションを開発することができるようになっています。

そしてそれらのOSの機能を十分に発揮することができる端末の開発が可能になったことで、これまでの「携帯電話」は一気に姿を変えることになりました。「スマートフォン」といえば「画面をタッチするもの」というふうに分類してしまう方も多いのですが、実はそうではありません。それらのOSで提供される機能、そして処理能力の向上によって実現されるさまざまな情報は、これまでのテンキーの操作では非効率なのです。そして画面を大きくする必要もありました。それらの事情で生み出されたのが「タッチパネル」でした。タッチパネルであれば、端末の面積いっぱいまで画面を広げることができます。

スマートフォンではその機能の向上によってそれまで携帯電話では閲覧しにくくかった「携帯電話むけのWebサイト」を閲覧することを基本としています。大きくなった画面、そして直感的に操作できるUIで、自在にWebを楽しむことが出来るようになったのです。パソコンと同様にさまざまなアプリケーション、つまりソフトをインストールすることもでき、携帯電話向けの通信回線が高速化されたこともあって、携帯性に優れ、機能もノートパソコンにひけをとらない新しい情報端末のスタンダードとして一気に普及したのです。

それによって私たちが普段身につけている「携帯電話」というアイテムで得られる情報量が一気に増しました。また、情報の配信のしかたもこれまでのWebサイトだけではなく、Webサイトの情報を読み込むアプリケーションなどの登場により、さらに見やすく、手軽になったのです。

今、スマートフォンへの切り替えが急速に進んでいるのは「明らかに便利」だからです。そして、それらの機器の能力を十分に発揮できる通信回線網が整備されてきたからでもあります。

進化するモバイル情報端末Topに戻る