トップページ > モバイルルーターの凄いところ

モバイルルーターの凄いところ

「モバイルルーター」とは、携帯電話などで用いている「3G回線」を利用してインターネットに接続し、それをノートパソコンなどに中継する機能を有したものです。携帯電話以外のモバイル端末では、単体でインターネットに接続する能力はないことが多いです。必ず「ルーター」などを介してインターネットへ接続します。

携帯電話などではその端末専用の回線を契約していて、その通信量による従量課金であったり、使い放題で固定の金額であったりすると思います。それらに相当するのは各家庭などで契約する「インターネットプロバイダー」だったりするのですが、パソコン固有で移動前提のネットワーク契約は結ばないことがほとんどでしょう。

そこで「モバイルルーター」の出番です。モバイルWi-Fiとも呼ばれるそれらは、その端末が契約した基地局と通信し、かつルーターとしてパソコンなどにその回線を引き回します。

基本的に家庭内などへ提供されているインターネット回線と携帯電話向けに提供されている回線は違うものです。同じインターネットへつながるものですが、家庭などに引き回され無線ルーターなどで無線化、電波となって供給される回線では、携帯電話向けの電波のように広範囲供給することができません。ですから、端末とそのルーター、つまり「アクセスポイント」が離れてしまえば電波は届かなくなってしまいます。電波が届かなければインターネットにはつながりません。

モバイルルーターは携帯電話向けに広範囲で提供されている電波通信網を受信し、パソコンに供給します。携帯電話やスマートフォンなどは元来からそのような電波を受信するために作られています。通話回線とも一体となっているので、その機能が果たせるような場所では同様にインターネットも使用することができます。それらと同様の「携帯性」を、モバイルルーターはパソコンなどの単独通信しない機器に提供することができるのです。

「携帯性」とは、「持ち運びがしやすい」ということだけでは測れません。持ち運びがしやすいサイズ、重量を維持しながら、いかに機能を実装させることができるか、それが「使えるか」ということが重要です。携帯性に優れたノートパソコンやタブレット端末であっても、外では単独でインターネットには繋がらないのです。しかし、端末の機能はどんどんインターネットを軸にしたようなものが増え、かつ「即時性」も求められています。タブレットPCやノートパソコンなどに単独の通信機能を持たせる契約も中にはあるのはそのためです。もはやどんなハイスペックマシンでも、インターネットに接続できなければ意味がない、という時代なのです。

モバイルルーターは携帯電話向けのインターネット回線に接続することに特化した通信機器です。ですから単体の契約が必要です。イメージがわかない方は家電量販店などでかなり安く販売されているパソコンを見たことがないか思い出してみてください。あれはこのようなモバイルルーターとのバンドル販売となっています。つまり、格安でパソコンを購入するかわりにそれらのモバイルルーターの回線契約を結び、月々の回線費用を支払うのです。

モバイルルーターを検討されている方は、ものによっては5000円から数万円、余分に投資するとモバイル対応の端末が手にはいるということになります。モバイルルーター自体の利用料も3000円から5000円ほどと、リーズナブルになっています。最新端末を外でも使い倒したいけれど、外ではインターネットに繋がらないと思っている方はこれを利用しない手はありません。

進化するモバイル情報端末Topに戻る