トップページ > 「タブレット端末」とは

「タブレット端末」とは

最近なにかと耳にすることの多い「タブレット端末」ですが、実際にはこれが「どういうものなのか」ということがあまりよくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。タブレット端末は一見するとまるでスマートフォンが大きくなったような形、見た目をしています。そのとおりで、同じように「タッチ」して使うものです。

実は、多くのタブレット端末にはスマートフォンと同じOSが入っています。機能もほぼ、スマートフォンと同じです。それでは「何に使うのか」ということですが、スマートフォンでは画面が小さくて操作し辛いようなことができます。たとえば文字の入力を頻繁に行うようであれば、大きな画面で見やすくなります。また、煩雑なユーザーインターフェイスをもつようなアプリケーションであっても、大きな画面であれば見やすく、使いやすいものになります。一般的なパソコンとは勝手が違います。それは主にOSの違いからです。

そのスペックですが、スマートフォンと大差はありません。逆にいえば、それだけスマートフォンのスペックが高いということでもあります。できることはアプリケーションの数だけあります。しかも「画面を触ればいい」というシンプルなユーザーインターフェイスは、だれでも使うことのできる「手軽さ」があります。どのような操作をすればいいのかは画面が示していますから、どのようなアプリケーションでも煩雑なマニュアルを読むことなく利用が可能なのです。

タブレット端末はスマートフォンとパソコンの間、のような位置づけとして捉えられていることが多いです。ですが、業務上などで「ノートパソコン」を廃止し、タブレット端末のみで業務を行っている企業もあります。それほど、タブレット端末は「情報端末」として優秀であるということです。つまり、スマートフォンも同様の潜在能力を秘めています。

たしかに、専門的なオペレーションはいまだに「パソコン」でないといけない局面もあるのかもしれません。ですが、携帯性、シンプルな操作性、そしてOSの安定性はタブレット端末もひけをとりません。そのような端末は現在ではパソコンの数分の1の価格で購入することができるのです。

また、タブレット端末は携帯用の通信回線を受信できるものもあります。やはりそれもスマートフォンの大型モデルであるがゆえの利点です。それらのタブレット端末は、携帯電話やスマートフォンと同様に携帯電話ショップで購入できたりもします。

より直観的に、そしてより鮮明に、「画面を触って操作する」というUIは、誰でも親しめるものです。そして、OSが実現している軽快な動作とアプリケーションの数々は、新時代のPCと呼ぶべきものにふさわしいでしょう。

これから携帯回線はまだ高速になる余地があります。据え置きでも、ノートパソコンでも、そしてタブレット端末でも同様のことができるようになり、ファイルを違う端末間で共有することができるようになってきています。利用シーンで違う端末を、しかし同じデータを操作することは、すでに実現されているのです。タブレット端末は新時代のスタンダートとなった、先進的な情報端末でしょう。今後もますます各社からさまざまなタイプの端末が発売されます。利用シーンから想定して、選ぶとよいでしょう。

進化するモバイル情報端末Topに戻る