トップページ > Wi-Fiスポットを有効活用

Wi-Fiスポットを有効活用

モバイル端末の進化に伴って、「外出先でインターネットを閲覧する」ということはもはや「普通」であるといってもいいでしょう。ですが、携帯回線は人によっては「従量課金」にしている場合もあるでしょうし、キャリアによっては「月内の転送制限」として容量の上限を定めている場合もあります。そのような上限がある場合は、それを超えて使用すると転送速度が著しく下げられたりといったことが発生します。つまり、上限を超えてしまうと長くて一か月間も「低速」のインターネットを使用しなければいけなくなるのです。

それらのような理由から、なるべく携帯回線でインターネットをしたくない、という要望が生まれます。「インターネット自体はしたいけれど、携帯回線を使いたくない」ということです。例えば、自宅では自前のルーターを無線LANにすれば家庭内で無線でインターネットが可能になります。無線であっても携帯回線に接続されているわけでないので、パケットが加算されることはありません。しかし、「無線」であるため、その使用感は通常の携帯回線接続と変わりありません。契約している携帯回線が「3G」である場合、自宅の無線LANの方が速度が早くなる場合がほとんどでしょう。

ほとんどのスマートフォン、タブレット端末、そしてノートパソコンでは、それらの「無線LAN」で接続するためのアダプタが内蔵されています。パソコン側からの設定で、無線LAN環境下ではこれまで有線LANで接続していたインターネットに、ワイヤレスで接続することができるのです。接続は接続先のルーターによってさまざまです。パスワードを入力させるものや、ボタンを押すことで同期できるものなどがあります。それはお使いの無線LANルーターのマニュアルを参照したほうがいいでしょう。

一度無線LANでインターネットに接続すると、その快適さがわかると思います。特に、タブレット端末は優先LANポートを持ちませんので、無線LAN接続は必須でしょう。また、ノートパソコンにおいても有線LANポートを装備せず、無線LANオンリーで接続するタイプのものも増えています。無線LANはすでに広く一般化した接続環境でしょう。

無線LANは、「Wi-Fi」と呼ぶことが通例です。最近耳にしたり目にすることが多くなった「Wi-Fiスポット」とは、無線LAN接続を提供する「場」ということです。そこに端末を持ち込めば、ほとんどの場合無利用でインターネットに接続することができるようになります。これはパケット代節約の一助となります。

Wi-Fiスポットは日々増えています。喫茶店やファーストフードをはじめ、人が立ち寄る場所にWi-Fi環境を整えているのです。ホテルなどの宿泊施設の場合、宿泊客にWi-Fiで接続するためのIDとパスワードを提供し、無線でのインターネットを提供しているような施設も増えています。無線LANは一度設定すれば端末がその接続を記憶してくれることが多いので、二度目に立ち寄った際にはパスワードなどを入力せずとも自動的に接続されることになります。:ケーブルの抜き差しもなく、ただ電波の範囲内に立ち入れば、インターネットに接続することができるのです。

これらのWi-Fiスポットを有効活用することで、パケット代を節約することも可能になります。いきつけのお店にWi-Fi環境がないかどうか、調べてみてもいいかもしれませんね。

進化するモバイル情報端末Topに戻る